遺影とはどのように準備するのか?知っておくと役立つ便利な知識

遺影とはどのように準備するのか?知っておくと役立つ便利な知識

葬儀を執り行う場合には、準備しなければいけないものが数多くあります。

葬儀社や葬儀屋などの葬儀会社に依頼すれば用意してくれるものも多いですが、中には葬儀を行う家族が自分たちで準備しなければいけないものもあります。

遺影もその一つで、あらかじめ用意しておかないと実際に葬儀をするときに困ることが多いです。

ここでは、遺影に関する基本的な情報について詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

遺影とは何か

遺影とは、葬儀を行う際に祭壇などに飾られる故人の写真のことです。

遺影を飾ることで、葬儀を行っている最中に参加者が故人のことを偲ぶことができます。

基本的には故人が写っているならば、どのような写真でも使用することができますが、遺影として使用するには適当ではない種類の写真もいくつかあります。

一番良いのは、亡くなった人が生きていた時のことを思い出しやすい写真です。

故人の特徴が非常によく表れている写真などは、特に遺影として使用するには最適と言えます。

遺影を準備するタイミング

遺影を準備するタイミングは、重要です。

適切なタイミングを選んで写真を残しておく必要がありますが、その適切なタイミングというのは難しいと感じるでしょう。

準備が遅すぎると、ご病気などの生前の体調によっては遺影として使用できる写真が撮影できなくなる場合もあります。

また、一気に老化が進んでしまい、もう少し前に撮っておけばよかったと後悔する声も聞きます。

 

遺影の撮影は基本的にいつでもできますが、注意しておかなければいけないのは、あまり若すぎる時に撮影したものは遺影には向いていないことです。

若い頃の写真を遺影に使用してしまうと、参列した人が誰の写真かわからなくなってしまうことも多いですので、亡くなった時からできるだけ近い時期に撮影した写真を選んだ方が良いでしょう。

遺影に使用される写真として一般的なのは、亡くなる1年前ごろに撮影した写真です。

亡くなる5年前までに撮影された写真なら、遺影として使用してもそれほど違和感はないでしょう。

そのため、遺影を撮影するタイミングもこの期間が最適と言えます。

ただ、亡くなる時期は誰も事前に予想することができませんので、万が一の事態に備えて早めに撮影を済ませておくのがおすすめです。

遺影はどこに依頼するのか

遺影の撮影を誰に依頼するかによっても、できあがる遺影のクオリティは大きく異なってきます。

クオリティの高い遺影を撮影したい場合に利用できるのが、遺影の撮影を専門に行っている業者です。

こうした業者では遺影の撮影に関する豊富な知識と経験を持っていますので、遺影として使用するのに最適な写真を撮影してもらえます。

一般の写真館でも、遺影の撮影を依頼することは可能です。

遺影の撮影をメニューの一部として行っているお店もあれば、メニューには掲載されていなくても依頼すれば撮影してくれる写真館もあります。

専門の業者で遺影の撮影をする場合には、遺影を撮影するために最適なコーディネイトをスタッフが担当してくれることも多いです。

好きな服装をレンタルして撮影できるお店もあり、写真写りを良くするためにメイクを依頼することもできます。

ヘアセットをしてくれるお店もありますので、きれいな写真を遺影として残したい人にも最適です。

遺影を撮る時の注意点

遺影を撮影する時には、注意した方が良いことがいくつかあります。

ご家族が準備する時に気をつけなければいけないのは背景です。

遺影としてふさわしくないものが背景に写っていると使用できなくなってしまいますので、遺影として使用するのに最適な撮影場所かどうか、あらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。

他の人が写っていないかどうか注意することも必要で、本人以外の人が写っている写真は基本的に遺影として使用することはできません。

どうしても他の人と一緒に写っている写真を遺影として使わなければいけない場合には、故人の写っている部分だけを切り取って使用することになります。

遺影を撮影する時には、自然な表情を心掛けることもあらかじめ注意しておいた方が良い点です。

緊張した表情で写真を撮影すると人相が悪く写ってしまいますので、リラックスして写真撮影に臨みましょう。

しっかりとカメラ目線にすることも撮影の時に注意した方が良い点で、目線が外れていると不自然な印象の遺影になってしまいます。

服装もあまり派手なものを選ばない方が遺影らしい落ち着いた写真に仕上がるでしょう。

まとめ

ここまで、遺影に関する情報についてまとめてご紹介してきました。

遺影は、亡くなる1年前から5年前までに撮影しておくのがベストですが、タイミングは定期的に撮影の機会を作らないといけなくなります。

撮影時には背景にも注意する必要があり、表情や服装なども気をつけましょう。

適切な時期にしっかりと写真撮影を済ませて、遺影として使用しやすい写真を残しておくことをおすすめします。

ご葬儀のことなら何でもご相談ください。
ご不安やご相談、どんな些細なご質問でも葬儀専任のスタッフが丁寧にお伺いします。