葬儀にはどんな種類があるの?種類別の違いを徹底比較

葬儀にはどんな種類があるの?種類別の違いを徹底比較

超高齢化社会となった昨今では、「終活」として葬儀の生前予約をする人が増えてきています。

音楽葬や自然葬などが流行するなど、葬儀の規模や形式に対する考え方も多様化しています。

ひと昔前のような、こういった形でないと・・と形式に縛られ過ぎた儀式は少しずつ減ってきています。

大切な人や自分にとって、もっともふさわしい葬儀スタイルを選ぶためにも、葬儀にどのような種類があるのか確認しておきましょう。

故人と縁のある人たちとともに送る葬儀

遺族だけでは無く、故人の縁のあった方々と一緒に送るご葬儀のスタイルです。

一般葬

文字通り「一般的な葬儀」で、遺族や親族だけでなく、故人の友人や職場関係者、近隣住民などに参列いただき一緒に見送るスタイルです。

別れの時間をともに過ごす通夜式が行われ、後日に別れを告げる告別式を行います。

故人と縁のあったたくさんの人と一度に偲ぶことができる反面、遺族が参列者の対応に追われ、故人とゆっくりとしたお別れができないデメリットもあります。

また、人数が増える分、経費的な負担も大きくなってしまいます。

社葬・団体葬・合同葬

企業の代表者や功労者が亡くなったときなどに、企業や団体が運営の主体とり、費用を負担して行う葬儀です。

遺族と共同で行う場合や、複数の会社が施主となる場合は「合同葬」とよびます。

数十名規模であれば、一般葬と同様の内容で行うことが多いですが、参列者が数百名を超える社葬では、遺族のみで密葬を行った後に、後日改めて本葬を行うのが一般的です。

遺族・身内だけで送る葬儀

少人数で行うため、経済的・心理的負担が軽減されます。

家族葬

親族や親しい友人・知人のみの少数で行うのが家族葬です。

少子化や核家族が進むにつれて、最近は最も多く選ばれているスタイルです。少人数なので、遺族の精神的・経済的負担を軽減でき、故人とのお別れのときをゆっくり過ごすことができるのも、選ばれる理由となっています。

密葬

密葬は、家族葬と同様に、遺族・親族を中心に友人・知人が集まって行う少人数の葬儀スタイルです。

家族葬との明確な違いはないものの、密葬は故人の死を周囲に知らせることなく密かに行う葬儀をさします。

社葬や合同葬の「本葬」の前に、遺族のみで行う葬儀を「密葬」とする場合もあります。

家族葬同様に遺族の負担は少ないものの、知らせなかった縁者からの問い合わせや弔問に、対応をしなくてはならない可能性もあります。

自宅葬

自宅で行う葬儀が自宅葬ですが、遺族の手で行うほか、葬儀社に依頼することもできます。

自宅で少人数で行うため自由度が高く、費用を抑えることができます。故人を自宅から送りたい場合などには、最適のスタイルです。

簡略化して行う葬儀

忙しい現代人に、多く選ばれるスタイルです。

1日葬

一日葬とは、通夜を行わずに、葬儀・告別式・火葬を一日で行う葬儀です。

遺族や参列者の時間的・経済的な負担を軽減できることから、最近増えてきている形式です。

喪主や参列者が高齢で体力的な不安がある場合や、遺族のスケジュールの都合が合わせづらいときなどに、多く選ばれます。

直葬

通夜や葬儀・告別式を行わずに、ご遺体をそのまま火葬場に運び、火葬・拾骨のみを行う葬送法のひとつです。

僧侶などの宗教者を呼んで、簡易式のお別れの儀式をする場合もあり、「火葬式」「炉前式」とよぶこともあります。

お別れの儀式を省略することで、後に遺族・親族からとがめられる場合もあり、事前に同意を得ておくことが重要です。

その他の葬儀

葬儀の形式が多様化し、故人の好みを反映したスタイルも増えています。

無宗教葬・自由葬

無宗教葬とは、特定の宗教や宗派のしきたりにとらわれない葬儀スタイルで、「自由葬」ともよばれます。

葬儀を自由に企画・進行するができ、故人の好みの楽曲を生演奏する音楽葬や、思い出の映像を流すなどの演出も自由です。

伝統的な儀礼や形式にとらわず、故人の趣味嗜好を反映した自分らしいスタイルに組み立てることができるので、生前に自分の自由葬を予約する人も増えています。

お別れの会・偲ぶ会

お別れの会・偲ぶ会とは、遺族・親族のみの密葬の後に、知人・友人・近隣住民など、故人の縁者を招いて行う会のことをさします。

数百名以上の大規模な会になる場合は、ホテルなどで行うことが多く、参列者のスケジュールも考慮して、少なくとも1ヶ月前から準備を進めるようにします。

自然葬

葬儀のスタイルというよりは散骨の形式で、「樹木葬」や「海洋葬」「宇宙葬」などを総じて「自然葬」とよびます。

亡くなった人を自然に還すという考えのもと、カプセルに入れた粉骨を、山林や海、大気圏外などに散骨します。

形式ばった葬儀ではなく、遺族の負担も少ない自然葬を望む人は年々増えていますが、散骨にはさまざまな規制やルールがあります。希望する場合は、必ず業者や専門家に相談するようにしましょう。

市民葬・区民葬

市民葬・区民葬とは、自治体が住民向けのサービスの一環として行っている葬儀です。

葬儀の一部を自治体に協力する葬儀社と協定料金を定めているため、簡素ながらも安価で葬儀をあげることができます。

戦後まもなくの貧困にあえぐ人が多かった時代に、東京の葬祭業協同組合が東京都と協力し制度化したのがはじまりといわれています。

まとめ

自分も含めて、大切な人や家族が亡くなった場合は、できるだけ本人の希望に沿った葬儀スタイルにしたいもの。

いざというときに慌てないためにも、日頃から葬儀の種類やメリット・デメリットなどを把握しておくようにしましょう。

ご相談無料。お気軽にお問合せ下さい。
ご不安やご相談、どんな些細なご質問でも葬儀専任のスタッフが丁寧にお伺いします。