仏滅にお通夜を行っても大丈夫?「六曜」の意味とともに解説

仏滅にお通夜を行っても大丈夫?「六曜」の意味とともに解説

「大安吉日」という言葉があるように大安には良いイメージがありますが、「仏滅」は真逆に悪いイメージを持たれがちです。

そのため、お通夜や葬儀においても仏滅の日にはすべきでないのかとの疑問をよくうかがいます。

ここでは、「仏滅」という言葉の意味と由来、そしてお通夜や葬儀を執り行う場合についてを解説します。

仏滅とは?

「仏滅」の日に何かを行うのは良くないという印象を持っているという人は多いかもしれません。

故人をお見送りするお通夜や葬儀の儀式も、仏滅は避けた方がいいのかどうか。

まず、仏滅とはどういった意味なのかということも詳しく解説していきます。

仏滅は「六曜」の一つ

仏滅のほかに「大安」や「友引」という言葉もよく耳にしますが、これらはすべて「六曜」に含まれるものです。

六曜は室町時代初期に中国から伝わってきたと言われています。

中国の六曜は、何か事を為すのに良い時刻・悪い時刻といった時刻の吉凶を占うもので、日本でも長らくそれに準じていましたが、明治時代の暦改正を機に時刻ではなく日にちの吉凶を表すものとなりました。

 

六曜ではそれぞれの日に避けるべきことを示す

六曜には「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」があり、基本的にはこの順番で繰り返されていきます。

カレンダーなどに書かれていることもあるため、見たことがあるという人もいるでしょう。まれに大安が2日続く等のイレギュラーが起きることもありますが、これは旧暦の「1日」にはそれぞれ決まった六曜が設定されていることがある(1月1日は先勝、2月1日は友引など)ためです。
この6つはそれぞれその日に避けた方が良いことを示しています。

まず、「先勝」は午前中が吉で午後は凶、「先負」は午前中が凶ですが午後は特別吉というわけではなく、何事もなく平穏に過ごすのが良いとされています。

「赤口」は凶の度合いとしてはむしろ仏滅よりも強く、仏が滅するどころか何もかもが滅してしまうような大凶日です。

「大安」は結婚式などを行う人も多いため、吉日と思われがちですが、特に良い日というよりは特段害になるようなことはない日という程度です。

そして、「友引」ですが、読んで字のごとく「友を引く」、すなわち友人を引き込むといった意味があるため、結婚式のような慶事には向いていますが、葬儀は避けた方が良いと言われています。

仏滅にはポジティブな意味もある?

仏滅という言葉に不吉なものを感じる人も多いでしょうが、当たらずとも遠からずで仏滅は物が滅する日、すなわち何をやってもうまくいかない日という意味です。

以前は「物滅」とも書かれていて、一つのものが滅びるという意味もありました。
ポジティブに考えれば古い物事が終わり、新しいことを始めるのに適した日ということもできます。

ただし、お祝い事はこの日は避けた方が良いでしょう。

お通夜は仏滅に行っても問題がないか

仏が滅すると書く「仏滅」ですが、その起源は中国であり、仏教とは何の関係もありません。

そのため、お通夜や葬儀を仏滅に行うことは何の問題もなく、冠婚葬祭は縁起を担ぐものというイメージが強いため気になるかもしれませんが、宗教上の意味は一切ないということを覚えておきましょう。

一周忌や三回忌といった法要も同じく、仏滅に行っても構いません。

お通夜を行いたい日程

六曜のそれぞれの意味を見た場合、「友引」の日に葬儀を行うのは避けた方が良いでしょう。
このことが広く知られているため、火葬場でも友引の日を定休日としているところが多くなっています。

お通夜に関しては、友引を避ける必要はないとされています。
ただし、友引の日にお通夜を行うと、翌日の葬儀は火葬場の定休日明けということになります。

この日は「友引明け」とも呼ばれ、友引の葬儀を避けた人で火葬場が混雑する恐れがありますので注意が必要です。

仏滅にお通夜を行う時の注意点

仏滅にお通夜を行うのは全く問題がないことですので、注意することは特にありません。

通常のお通夜と同じように行いましょう。

ただ、中には「仏滅の日にお通夜を行うべきではない」と思い込んでいる人がいる可能性はありますので、説明をする必要が生じるケースは考えられます。

いざという時に説明できるよう、「仏滅はお通夜を避けるべき日ではない」ということをあらかじめ理解し説明できるようにしておくことも大切です。

まとめ

六曜は昔から暦などに書き込まれており、今でも人々の暮らしの中に生き続けているものです。
しかし、長い年月の間にその意味が誤解されて伝わっている部分もあります。

お通夜や葬儀についての儀式についても仏滅はいかがなものかと気にする人もいるため、あらかじめ知識を持ち配慮することも必要でしょう。

ただ、六曜自体に高い信憑性があるわけではないため、あまり神経質にならずにうまく取り入れていくのがおすすめです。

ご葬儀のことなら何でもご相談ください。
ご不安やご相談、どんな些細なご質問でも葬儀専任のスタッフが丁寧にお伺いします。