お葬式の一般的な手順~通夜・告別式の流れや四十九日法要まで

お葬式の一般的な手順~通夜・告別式の流れや四十九日法要まで

ご葬儀・お葬式とひとことで言っても、単純に通夜・告別式だけで終わるわけではありません。

ご臨終直後のケアやご遺体の搬送、葬儀手配などの事前の準備や、葬儀後の火葬、拾骨、供養、納骨など、事後の対応なども含まれます。

ここでは、通夜・告別式を行う「一般葬」の一連の流れについて、詳しく紹介します。

亡くなられたら・・・。その日に行うこと

亡くなられたそのときから、ご遺族は悲しみの中にありながらも、葬儀の準備を始めなくてはなりません。

エンゼルケアについて

最近は病院で亡くなられる方が多く、その場合は、看護師または提携している業者が、死後の処置である「エンゼルケア」を施してくれます。

ご遺族は、親族や葬儀社に連絡をします。その後、医師に「死亡診断書」を発行してもらい、退院手続きを済ませておきます。

遺体搬送・安置

亡くなったあと24時間は火葬ができないため、自宅ないしは葬儀社の安置施設に遺体を搬送して安置します。

このときに枕飾りなどを行います。

葬儀の打ち合わせ

喪主を決め、手伝いが必要であれば、人選をして役割を決めます。

葬儀社の担当者に、「死亡届」「火葬許可証」などの手続きを依頼することもできます。

遺影や喪服の準備、供花・供物の手配なども、余裕があれば済ましておきましょう。

納棺

ご遺体を清め白装束を着せて納棺します。

このときに、故人が好きだったものも一緒に入れることができます。

通夜の日の流れ

通常は、亡くなられた翌日にお通夜を行うことが多いですが、特別決まっているわけではありません。

供花・弔電や返礼品などの確認

遺族は通夜が始まる2時間前には会場に入ります。

通夜直前の準備として、供花や供物、弔電をいただいている場合は、どなたからのものか把握しておきます。

また、参列予定数の返礼品などが準備できているかを確認します。喪主は、あいさつ文を忘れないように用意しておきましょう。

通夜の流れ

ここでは一例として、おおまかな流れをご紹介しますので目安にしてください。

17:30~受付開始

受付は、通夜開始の30分前から行います。

喪主も最初は受付で参列者挨拶に対応し、「お忙しい中恐れ入ります」など、ねぎらいの言葉をかけます。

開始20分前には遺族席へと移動します。

18:00~ 通夜開始~読経・焼香

僧侶が入場し、司会の開会の挨拶により通夜が開始します。

その後、僧侶による読経が行われ、喪主・遺族・一般参列者の順に焼香を行います。僧侶の法話がある場合もあります。

18:45頃~ 弔辞・弔電の奉読

弔電があった場合は、司会者より紹介します。

18:50頃~ 喪主挨拶

故人の経歴や思い出の紹介のほか、参列への感謝、生前病気療養中だった場合は、それに対する厚情のお礼を伝えます。

19:00 閉会

司会から、通夜ふるまいへの案内や、翌日の葬儀・告別式時間などを伝えます。

通夜ふるまい

通夜の後は、喪主~参列者への感謝を伝えるため「通夜ふるまい」として、飲食を提供します。

おおよそ1時間程度を目安に、喪主が閉めの挨拶をします。

棺守り

遺族だけで、夜を通して灯明と線香の火を絶やさずないでお棺に付き添う「棺守り」を行います。

葬儀・告別式の日の流れ

通夜の翌日に、最後のお別れの儀式である葬儀・告別式を行います。

葬儀・告別式の流れ

喪主・遺族集合~受付準備~受付開始

開始1時間前には会場に入り、受付の準備を行います。30分前になったら受付を開始しますが、遺族は15分前までには、遺族席に座ります。

葬儀開始~読経、弔辞・弔電の奉読~焼香

僧侶が入場し、司会の開会の挨拶により、宗教的な儀式である葬儀が始まります。僧侶の読経の後、先に弔辞・弔電の紹介を行います。その後、僧侶・喪主・遺族・一般参列者という順番で焼香を行います。

閉会~告別式~出棺

僧侶退場後に、司会者の挨拶で葬儀の閉会となります。その後、一般参列者は出棺を見送るために外に移動します。

遺族は、告別式として、生花で故人の周りを飾り、最後のお別れをします。

その後棺に蓋をして、喪主から順番に棺にくぎ打ちをして、遺族や親族で寝台車に移動させ出棺となります。

火葬の流れ

火葬場では、火葬炉の前で「納めの式」を行い火葬となります。

僧侶が同行してれば、読経をしてもらいます。火葬は1時間ほどかかるため、その間遺族は控室で待機します。

骨上げ・拾骨

火葬後は、遺骨を骨壺に納める「骨上げ(こつあげ)」(拾骨ともいう)を行います。

喪主から始めて血縁の深い順に、二人一組で箸で骨を拾って納めます。終了後は、骨壺と「火・埋葬許可証」を受け取ります。

還骨法要・繰り上げ法要

骨上げ後は、自宅または斎場に戻り、僧侶の読経による「還骨法要(かんこつほうよう)」を行い、さらに、初七日法要も一緒に行うのが一般的です。

精進おとし

その後は、僧侶やお世話になった方を招いて、式が滞りなく進んだことに感謝する「精進おとし」という会食を行います。

会の始めと終わりは、喪主が挨拶をします。これで、一連の葬儀に関する儀式の終了となります。

葬儀のあとは・・・。

葬儀後にも、早めに済ませるべき手続きや法要などがあります。

急がなければならない手続きを行う

死亡後に、比較的短期間でやらなければならない公的手続きがあります。忘れないで済ませておきましょう。

  • 14日以内:国民年金受給停止手続き、介護保険資格喪失届、住民票の抹消届、世帯主の変更届
  • 1か月以内:雇用保険受給資格者証の返還
  • 4か月以内:所得税準確定申告・納税
  • 10か月以内:相続税の申告・納税

四十九日法要

骨上げ後は、すぐに納骨・埋葬もできますが、通常は自宅に骨を安置して、四十九日法要を行います。

納骨・埋葬はいつまでにする?

故人の遺骨を、いつまでに納骨や散骨をしなければいけないというルールはありません。

火葬場で発行された火・埋葬許可証があればいつでもでき、逆に自宅や手元にずっと安置していてもかまいません。

まとめ

葬儀は、故人の臨終の瞬間から、おおむね四十九日法要までが、一連の儀式の流れといえます。

葬儀後の、早めに済ませなくてはならない公的手続きなどもあるので、忘れずに事前確認をしておきましょう。

ご相談無料。お気軽にお問合せ下さい。
ご不安やご相談、どんな些細なご質問でも葬儀専任のスタッフが丁寧にお伺いします。